< /> < />

セマグルチドを摂取しても体重が減らない主な理由

オゼンピックを注射するときの位置やタイミング、保管方法などについて網羅的にご紹介します。

3
分で読めます
5
つの参考文献
スキップ:

オゼンピックの有効成分であるセマグルチドは、世界的に人気な減量成分のひとつ。

しかし、セマグルチドを摂取しつつ、食事や運動に気をつけていても停滞期が続く、という方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、体重減少が見られないときに考えられる主な原因をいくつか挙げていきます。

セマグルチドはどんな成分?体への作用は

食後、消化器系は血糖値を制御するためにインスリン分泌を調節する「GLP-1」と呼ばれるホルモンを生成します[1]。セマグルチドはこのホルモンを模倣したもので、同じホルモンを模倣するため、糖尿病やインスリン抵抗性の治療に非常に効果的です。

セマグルチドは脳の視床下部にある受容体に作用し、食欲を抑制するシグナルを送ることで満腹感を長く保ちます。また、胃の運動を抑制することで、食べ物が消化器系に排出されるスピードを遅くし、長時間満腹感が得られます。

臨床試験では、セマグルチドを減量薬として使用すると、参加者の空腹感と食物渇望(特定の食べ物を食べたくて我慢できなくなる激しい欲求のこと)が軽減され、脂肪分が多くエネルギーが豊富な食べ物への欲求が減少するため、大きな効果が出ることがわかりました[2]。

セマグルチドが含まれる薬剤はいくつかあります。そのひとつが、もともと糖尿病患者の血糖値の管理やコントロールのために開発されたオゼンピックで、ジュニパープログラムでもオゼンピックを採用しています。

オゼンピックは注射薬で、週に1回投与します。

注射薬はいつ打つべき?

セマグルチドは週に1回、毎週同じ曜日に打つことが最適です[3]。食事のタイミングでも、食事なしでも注射は可能です。

セマグルチドはどれくらい継続するべき?

ある試験では、セマグルチドを2年間服用した後でも患者の体重は減少し続けていることが判明しました[4]。

セマグルチドを使用する期間に厳密な制限はありませんが、ジュニパーの提携医師によると、少なくとも1年間はプログラムを続けることを推奨しています。

セマグルチドで体重が増えることはある?

オゼンピックはいくつかの副作用を引き起こす可能性がありますが、一般的な副作用は一時的なものが多く、体がお薬に慣れるにつれて気にならなくなります。

セマグルチドは、製薬メーカーによる臨床試験でも、他の GLP-1 薬と比較して減量に効果的であることが示されています。試験では多くの参加者が体重を減らしましたが、試験中に体重が増えた参加者もいました。

セマグルチドが体重増加を引き起こすことは通常知られていませんが、個人差があるため、最初の数週間に腹部膨満を感じる場合もあります。

セマグルチドで体重が減らない理由

セマグルチドで体重が減らない場合、いくつかの理由が考えられます。

急激な変化を求めている

セマグルチドは大幅な体重減少に役立ちますが、体重減少には時間がかかります。一つ一つステップを踏みながら持続可能な減量をするために、お薬はあくまでツールのひとつであると考えるようにしましょう。

カロリー摂取量に問題がある

減量には、カロリーのバランスをとる必要があります。ジュニパープログラムでは、栄養学や行動科学に詳しい専門家によるマンツーマンの健康アドバイスで、持続可能なライフスタイルの変化を後押しします。

投与量が間違っている可能性がある

お薬は通常、副作用のリスクの軽減など様々な理由により、処方者が用量を調節しています。用量を間違えて使用してしまっている場合は、うまく減量の効果が出ない場合があります。分からないことがあるときは医師に相談しましょう。

停滞期の場合

特に筋肉量の維持や増強に取り組んでいない場合、最終的に体重の減少が鈍くなるポイントに到達することがあります。これは、脂肪とともに筋肉が減ると、代謝が低下し、体重減少が遅くなる可能性があるためです。

生活習慣を見直していない

長期的な体重管理の真の秘訣は、食事内容の変更や運動習慣づくりなど、続けることができる健康的な習慣を確立することにあります。ジュニパープログラムでは、食事や運動、モチベーション管理の分野において経験豊富なヘルスコーチがマンツーマンでサポートし、長く無理なく続けられる習慣づくりのお手伝いをします。

十分な睡眠が取れていない

体重を減らすためには、毎晩少なくとも8時間の睡眠をとることが重要と言われています。良質な睡眠を確保するために、日々の睡眠をしっかり見直し、必要に応じて改善していきましょう。

セマグルチドの効果が出るまでどれくらいかかる?

セマグルチドは、食欲を抑え、カロリー摂取量を減らすのに役立ちます。

効果が現れるまでの期間は個人差が大きく、体質や生活習慣によって異なります。

セマグルチドのお薬を処方する際は通常、体がお薬に慣れるまでの時間を確保するために、最低用量から薬を投与し始めます。食欲が減退し、満腹感が増してきたことに気づき始めるでしょう。

ジュニパープログラムでは、セマグルチド成分が入ったお薬を2種類提供しており、6ヶ月後の減量効果は注射薬のオゼンピックの場合で体重の7%の減少、飲み薬のリベルサスの場合で体重の5%の減少が平均値です。

セマグルチドによる減量効果を最大限にするには?

全体的なカロリー摂取量を減らし、可能な限り体を動かし、アルコール摂取量を制限することで、薬の効果を高めることができます。

セマグルチドの使用に伴う特定のルールや食事療法はありませんが、食物繊維が豊富な自然食品を増やしつつ、加工食品の量を減らしていくと、全体のカロリー摂取量を下げることができます。

運動に関しては、WHOは成人(18歳〜64歳)において以下の目安を推奨しています[5]。

  • 週に150〜300分の中強度の有酸素運動(ウォーキング、ダンス、水泳などの適度な運動)
  • 週に75〜150分の中強度の有酸素運動(競技スポーツ、サーキットトレーニングなど)

ジュニパープログラムでは、プログラムを始める前に医師のオンライン診察があり、一人一人の体質や健康状態に合わせてお薬が合うかどうかの判断や、お薬の用量の調整を行なっていきます。また、食事や運動など、一人ではなかなか変えることが難しい部分も、専門知識を持つヘルスコーチがオンラインでいつでもサポートし、健康的で無理のない生活習慣を一緒に作っていきます。

次を読む