リベルサス

飲むだけ簡単、錠剤タイプの減量薬
リベルサスはオゼンピックと同じく血糖値や食欲をコントロールしやすくすることで、減量へと導くお薬です。オゼンピックと比べると減量効果は多少低くなりますが、錠剤タイプのため、注射が苦手な方でも服用が簡単なのがメリットです。

ジュニパープログラムでは診察やお薬の処方だけでなく、日々の食事や副作用の心配もオンラインでいつでも相談が可能です。
お薬の処方(オゼンピック、リベルサスなど)
看護師や管理栄養士による健康指導
副作用もいつでも相談
今すぐ購入 - 8,182円(税抜)〜
※プログラムの価格は、処方されるお薬によって変動します。実際に処方されるお薬の内容・用量は医師の判断のもと決定します。

リベルサス

飲むだけ簡単、錠剤タイプの減量薬
リベルサスはオゼンピックと同じく血糖値や食欲をコントロールしやすくすることで、減量へと導くお薬です。オゼンピックと比べると減量効果は多少低くなりますが、錠剤タイプのため、注射が苦手な方でも服用が簡単なのがメリットです。

ジュニパープログラムでは診察やお薬の処方だけでなく、日々の食事や副作用の心配もオンラインでいつでも相談が可能です。
お薬の処方(オゼンピック、
リベルサスなど)
看護師や管理栄養士による健康指導
副作用もいつでも相談
今すぐ購入 - 8,182円(税抜)〜
※プログラムの価格は、処方されるお薬によって変動します。実際に処方されるお薬の内容・用量は医師の判断のもと決定します。
medication
診察もお薬の配送もオンラインで簡単
診察もお薬の配送もオンラインで簡単
Dietitian support
配送料無料
Unlimited practitioner consults
30日間の返金保証
ジュニパーが選ばれる理由
Why choose Juniper?
完全オンラインクリニックだから、
診察もお薬の配送も自宅で完結。


日々の食事内容や副作用のお悩みも
オンラインで気軽に相談可能。専門家のケアをずっと受けられます。
一般の薬局・

クリニック
オゼンピックとリベルサスの

どちらかを処方
お薬の内容はジュニパーと

同様の可能性あり
医師の診察や医療専門家の

サポートが無制限
経過観察は別途通院が必要
管理栄養士による健康相談付き
食事内容のサポートなし
体重追跡ツールや減量に関する

情報をお届け
体重記録のためのツールなし
診察も処方も

オンライン・自宅で完結
病院や薬局での待ち時間あり
プログラム開始より30日間返金保証
トライアル期間や返金保証なし
今すぐ始める
プログラム開始までの流れ
How to get started
Juniper quiz step 1
適性クイズに回答
BMI値やその他の健康状態を入力します※
クイズの後に、ジュニパー公式LINEのアカウントを友だち追加します(医師との診察時に必要です)



※BMI値や健康状態が処方基準に満たなかった場合は、お薬の処方ができない可能性がございます。
Juniper quiz step 2
医師の診察(LINEビデオ通話)
予約した日時に医師の診察を受けます。※



※診察は基本的にLINEビデオ通話にて行うため、必ず事前の友だち追加をお願いします。
Juniper quiz step 3
お薬のお届け
お薬は決済の確認後、最短当日発送します。


届いたお薬を服用し、プログラムがスタートします。
成功事例
See their success
10ヶ月で22キロ減量
ステイシー
38歳
「ジュニパー以来、私は自由を感じている。いつも食べ物のことばかり考えていたのが、燃料として見るようになった。」
3ヶ月半で17キロ減量
レベッカ
27歳
「やっと自分の肌に自信が持てるようになった。可愛いし、とても気分がいい。」

434 件のレビューに基づき、4.4/5 の評価を得ています。
4つ星と5つ星のレビューを表示しています。

リベルサスは
What is Rybelsus
リベルサスは、セマグルチドを有効成分とした医薬品で、セマグルチドはもともと体内に存在するホルモンです。

胃腸の動きを制御して満腹感を持続させることで自然に食欲が抑えられ、体重の減少を促します。
服用で得られる効果
血糖値を下げる
脳卒中や心臓発作などのリスク軽減
肥満に関連する2型糖尿病の予防
食欲を抑え、満腹感を持続
リベルサスの服用に不安のある方は同様の有効成分「セマグルチド」を含む錠剤タイプのオゼンピックも処方可能です。
詳しく見る
よくある質問
FAQ
ジュニパーの医薬品に、副作用はありますか?
expand icon

すべての医薬品に副作用のリスクが伴いますが、ジュニパーの医薬品による副作用は、一時的なものが多いです。多くの場合、ライフスタイルの変化などで、副作用を軽減、管理することができます。ジュニパーの医薬品による最も一般的な副作用は吐き気です。ユーザーの40%が一時的に経験をしています。その他の一般的な副作用は、逆流、頭痛、便秘、嘔吐、疲労、注射部位の炎症などがあります。これらの副作用が発症することは、理想的なことではありませんが、このような医薬品を服用する場合においては一般的な副作用です。

ジュニパープログラムでは、看護師や薬剤師で構成されている医療サポートチームが、皆さまのお身体の状態を定期的に確認し、副作用の軽減と管理についての指導やサポートを行います。ご質問等ございましたら、こちらからサポートのリクエストを送る、もしくは contact@myjuniper.jp まで、メールでお気軽にお問い合わせください。

厳しい食事制限をする必要はありますか?
expand icon

医薬品の効果により、空腹感が軽減され、自然と健康的な食事を選ぶ可能性が高くなるため、特別に食事制限をする必要はありません。ただし、長期的な結果を得るためには、食事やライフスタイルを健康的なものに改善することを強くおすすめしています。ジュニパープログラムは、日々の忙しい生活の中でも、タンパク質の摂取量を増やしたり、より健康的な食事の選択ができるようになるために、ヘルスコーチによるサポートが含まれています。

ジュニパープログラムに、参加をするにはどうすれば良いですか?
expand icon

まずはこちらから簡単な適性クイズを受けていただき、ジュニパープログラムがご自身に適しているか確認します。適正クイズが完了しましたら、次にオンライン問診票をご記入いただき、ジュニパーの医師とのオンライン診察を受けていただきます。ジュニパープログラムがお客様の健康状態にとって適切か、オンライン診療を通して、医師が判断します。

医薬品の服用を止めると、どうなりますか?
expand icon

リベルサスは、減量だけでなく体重を持続的に維持するために、長期的に効果のあるお薬です。体重を維持し、プログラムの終了後もリバウンドしないための生活習慣がつくられるまで、継続することをおすすめします。プログラム中は医師や看護師、管理栄養士がいつでもサポートしますので、どんなお悩みもご相談ください。

ジュニパープログラムでは、どのような結果が期待できますか?
expand icon

ジュニパープログラムでは、最高投与量に達したユーザーは、1年間で体重の最大15%を減少することができます。これは行動の変化だけで体重が減る方の平均に比べ、およそ2倍の減量です。ジュニパープログラムのユーザーは、減量に加えて、血圧や血糖値、コレステロール値の低下、運動能力の向上、睡眠の質の向上、その他の生理学的および心理学的な改善を経験することもできます。

ジュニパープログラムで処方されるリベルサスの強さは?
expand icon

ジュニパープログラムで処方しているリベルサスは現在、3mg、7mg、14mgの3種類ですが、お薬の種類や強さは医師との診察の際に相談が可能です。ほとんどの場合、まずは低用量から始めて徐々に漸増することが推奨されています。

リベルサスの服用方法
expand icon

リベルサスは、1日1回、空腹時(朝食の少なくとも30分前)に120ml以下の水とともに飲み込んで服用します。もしも食前にリベルサスの錠剤を飲むのを忘れた場合は、その分の錠剤を飛ばして次の日から通常のスケジュールに戻ってください。忘れた分を補うために追加で錠剤を飲むことはやめてください。

今すぐ始める