< /> < />

リベルサスの潜在的な副作用と知っておくべきこと

リベルサスの一般的な副作用や自宅での対処法、医師に相談すべきタイミングについてご案内します。

5
分で読めます
3
つの参考文献
スキップ:

どの薬も副作用がないわけではありません。リベルサスを減量薬として検討している方、特に消化器系への影響について詳しく知りたい方のために、こちらで詳しく説明します。

リベルサスの最も一般的な副作用をいくつかお伝えし、それらを自宅でどのように管理できるか、また、医師に相談すべきタイミングについてご案内します。

リベルサスとは?

リベルサスは、成人の2型糖尿病を治療するための処方薬名です。オゼンピックと同じ有効成分であるセマグルチドを含んでおり、減量のためにも使用できます。

リベルサスは、体内で自然に生じるホルモンである「GLP-1」を模倣することで作用します。このホルモンは、満腹であることを脳に知らせるために消化器系が分泌するもので、過度な食事や夜食、または食事の間の間食を防ぎます。

また、インスリンの生成を増加させ、グルカゴンの分泌を抑制することで、健康的な食事と運動の習慣とともに、血糖値をコントロールするのに役立ちます。

リベルサスの減量結果はどれくらいで出るか?

減量の経過には個人差があり、同じ薬を使用している方が全員同じペースで体重を減らせるわけではありません。

とはいえ、リベルサスが減量にどれくらいの速さで効果を発揮するかについての研究が行われており、その結果からある程度の見通しを得ることができます。

アメリカの研究で、体重が88~89kgの方にリベルサスの効果を調査した結果、7mgの薬を服用している人は平均で2.3kg、14mgの高い用量を服用している人は平均で3.6kgの減量が見られました。これらの結果は26週間で得られました[1]。

リベルサスは胃にどのような影響を与えるのか?

リベルサスは食べ物が通常よりも長く胃に滞在する原因となり、胃の空化を遅らせます。これは消化を延長するため、減量を助ける主要な理由の一つです。

これは、体や胃の通常の働き方とは大きく異なる変化です。そのため、治療を開始した直後や用量を増やした後などに、吐き気や嘔吐などの胃腸の副作用を引き起こすことがあります。

良い点と言えるのは、リベルサスの副作用は通常軽度で、簡単に管理することができるということです。その方法について、後ほど説明します。

リベルサスは、なぜ食事や飲み物の30分前に服用する必要があるのか?

リベルサスは、1日1回、空腹時に、朝食の少なくとも30分前に服用する必要があります。

その理由は単純で、リベルサスは胃での吸収率が最大1%と低いため[2]、食前に摂取することが推奨されています。食事や飲み物を摂ってから服用すると、既に低い吸収率がさらに低下し、薬の効果が得られなくなる可能性があります。

もしも食前にリベルサスの錠剤を飲むのを忘れた場合は、その分の錠剤を飛ばして次の日から通常のスケジュールに戻ってください。忘れた分を補うために追加で錠剤を飲むことはやめてください。

リベルサスの最も一般的な副作用は?

ほとんどの薬と同様に、リベルサスには副作用が発生する可能性がありますが、ほとんどは軽度で、ご自宅での治療(および予防)が可能です。

以下に挙げるのは、リベルサスの最も一般的な副作用と、それらを経験した場合の対処法です。

吐き気と嘔吐

ご存知のように、リベルサスは血糖値を下げ、インスリンの生成を促進する働きをしますが、消化器系に影響を与えることもあります。

食べ物が通常よりも長く胃に留まることで、不快感や嘔吐を引き起こすことがあります。

さらに、食欲の減少に慣れるのには時間がかかることも。プログラムの初期段階では、満足感を得るために必要以上に食べ過ぎてしまい、気分が悪くなることがよくあります。

対処法:

  • 少量の食事を頻繁に摂る
  • 満腹になったら、お皿に食べ物が残っていたとしても食べるのを止める
  • 辛いものや脂っこい食事よりも、シンプルな味付けの食事を選ぶ
  • 脱水を防ぐため、十分な水分を摂取する(特に副作用として嘔吐がある場合)

便秘

臨床試験では、リベルサスの潜在的な副作用として便秘が報告されています。これも同じく、胃が空になるタイミングが遅くなるために起こります[1]。

食べ物が胃に長く留まることで、体はより多くの水分を便から吸収し、それが便を硬く乾燥させることに。これにより、便秘、膨満感、胃痛が引き起こされることがあります。

対処法:

  • 水分補給
  • 食物繊維が豊富な食べ物を食べる
  • 運動する(特にヨガやピラティスは膨満感や腹部の痙攣に有効です)
  • 必要に応じて、市販の下剤を使用する

興味深いことに、一部の人々の間ではリベルサスが逆の効果をもたらし、下痢を引き起こすことがあります。この場合も同様に、多くの水分を摂取することが重要ですが、白ご飯、バナナ、りんごソースのような食物繊維の少ない食べ物を選ぶことも望ましいと言えるでしょう。

逆流性食道炎と胸やけ

比較的まれな副作用ですが、リベルサスは逆流性食道炎を引き起こすことがあります。特に横になったときに、胃酸が食道に逆流し、胸や喉の奥に不快で燃えるような感じ(胸やけ)を引き起こします。

対処法:

  • 食後すぐに横にならない
  • 平らなところで寝るのではなく、傾斜をつけて寝る
  • 食事の量を減らす
  • 炭酸飲料や、ニンニク、玉ねぎ、コーヒー、辛い食べ物など、逆流を引き起こす可能性のある食べ物や飲み物を避ける

重篤な副作用はありますか?

非常にまれなケースですが、リベルサスを服用している人々はより深刻な副作用を経験することがあります。以下に例を挙げていきます。

アレルギー反応

リベルサスがアレルギー反応を引き起こすことは非常にまれですが、可能性はあります。症状としては、顔、唇、舌の腫れ、皮膚の発疹やかゆみ、食べ物や飲み物の飲み込みにくさや呼吸困難などです。これらのいずれかの症状に気づいた場合は、直ちに医師に連絡してください。

重篤なアレルギー反応を避けるために、ご自身の持つアレルギーについて医師や薬剤師に伝えるようにしてください。そうすれば、リベルサスに対して不良反応を示すリスクを医師が評価することができます。

腎臓の問題

リベルサスは腎臓の機能を妨げることがあり、これは前述した吐き気、嘔吐、下痢などの軽度の副作用の結果として生じる場合があります。

十分に水分補給し、排尿困難、頻尿、疲れや足・足首の腫れなどの症状に注意を払うことが重要です。

低血糖

これも非常にまれですが、特にインスリンや他のタイプの糖尿病薬を服用している方において、リベルサスは低血糖を引き起こすことがあります。この場合、医師はあなたの血糖値を注意深く監視し、血糖値の検査をより頻繁に行うことを希望するかもしれません。

甲状腺がんのリスク増加

ある動物研究で、セマグルチドはマウスやラットに対して甲状腺の腫瘍を引き起こすと報告されています[3]。動物に起こることが必ずしも人間に起こるとは限りませんが、甲状腺髄様がん(甲状腺がんの一種)のご自身の既往歴や家族歴がある場合、医師はおそらくリベルサスを処方するのを控えるでしょう。

首のしこり、息切れ、食べ物や飲み物の飲み込みにくさ、持続的な声のかすれを経験した場合は、これらの症状を必ず医師に報告してください。

リベルサスの副作用はどれくらい続く?

リベルサスの副作用のほとんどは、体が薬に慣れてくるために起こります。つまり、これらの副作用は通常一時的で、体が薬に適応するまで数日〜数週間ほど続きます。

リベルサスを服用して数週間経っても副作用が改善しない場合は、医師に相談してください。医師により、薬の中止や、別の薬を試すようにアドバイスされる場合もあります。

注意すべき薬物相互作用は?

リベルサスは、その効果を減少させたり、副作用を悪化させる可能性のある多くの薬物と相互作用することがあります。これには、エストロゲン、テストステロン、高血糖を制御する薬、利尿剤、抗精神病薬、および他の経口薬が含まれます。

ご自身が現在使用している薬やビタミン剤はもちろん、ハーブ製品であっても医師に伝えることをおすすめします。そうすることで、医師は潜在的な薬物相互作用やその重症度を特定し、代わりの薬を検討するべきかどうか判断するのに役立ちます。

リベルサスの服用中に避けるべき食品は?

一部の薬と同様に、リベルサスに関連する副作用を増加させ、その効果を影響させる可能性がある食品が存在します。リベルサスの服用中に避けるべき(または量を減らすべき)食品は以下の通りです。

  • 全脂肪の乳製品や揚げ物、高脂肪の肉などの高脂肪食品
  • 辛い食べ物
  • 精製された炭水化物
  • 炭酸飲料、キャンディー、甘いフルーツジュース、甘いお茶やコーヒーなど高糖質の食品や飲み物
  • アルコール飲料

代わりに、血糖値を上げない、かつ以下の要素が豊富に含まれた食品がおすすめです。

  • ナッツ、種、サーモンなどの健康的な不飽和脂肪
  • 全粒穀物、ベリー類、ブロッコリーなどの食物繊維
  • 鶏肉、魚、卵、豆腐などのタンパク質
  • アーモンド、枝豆、ダークチョコレートなどのマグネシウム

リベルサスの服用を突然中止しても大丈夫?

はい。持続的な副作用が発生する場合や、リベルサスがあなたにとって最も安全で効果的な薬ではないと医師が判断した場合、リベルサスの服用を突然中止することができます。

リベルサスの副作用はいくつかありますが、ほとんどは短期間で、ご自身で簡単に管理できるものです。

副作用を避ける最善の方法は、リベルサスを服用する際に医師の指示に慎重に従うことです。空腹時に、120ml以下の水とともに飲み込んで服用し、飲み忘れた場合でも二重に服用しないようにしてください。

それに加えて、食生活、運動習慣、ライフスタイル全体を健康的に変えることで、期待する結果を得ることができるでしょう。

ジュニパープログラムは医薬品の処方に加えて、マンツーマンによる継続的な経過観察、生活習慣へのアドバイス、同じプログラムに参加する女性同士のプライベートコミュニティーづくりなど、ユーザーの皆さんそれぞれの減量目標を達成するために必要なすべてのツールを提供します。

もしもどこから始めたらいいか分からない場合は、オンライン上で簡単にアクセスできる適性クイズに回答して、お薬がご自身の体に合うかどうか確認してみましょう。

www.myjuniper.jp/blog/rybelsus-side-effects

次を読む

No items found.